情報関係基礎とは

「情報関係基礎」とは、大学入試センター試験の数学②の科目の一つです。出題範囲はセンター試験の実施要項によると、「職業教育を主とする農業,工業,商業,水産,家庭,看護,情報及び福祉の8 教科に設定されている情報に関する基礎的科目を出題範囲とする。」となっております。 問題形式は大問が4問あり、そのうち第1問(配点30点)、第2問(35点)が必答で、第3問(35点)、第4問(35点)がいずれか1問を選択し、解答するという形になっております。受験者数は下の表を見てもらえればわかりますが、数学Ⅱや数学Ⅱ・Bなどと比べると非常に少ない状況です。

数学②の各科目の受験者数(単位:人)
H19年度
(2007)
H20年度
(2008)
H21年度
(2009)
H22年度
(2010)
H23年度
(2011)
H24年度
(2012)
H25年度
(2013)
数学Ⅱ 11,419 8,919 7,503 7,018 7,185 6,917 6,970
数学Ⅱ・B 316,968 317,103 319,045 331,215 340,620 349,438 359,486
工業数理基礎 81 67 67 67 60 42 26
簿記・会計 1,259 1,253 1,348 1,367 1,372 1,288 1,208
情報関係基礎 595 622 660 606 650 651 608

(資料)独立行政法人 大学入試センター HPより

一方、下の表より平均点は他の科目よりも高いことが分かります。「情報関係基礎」は高得点をねらいやすく、数学Ⅱや数学Ⅱ・Bの受験生と比べて大きなアドバンテージをつくることも可能です。

数学②の各科目の平均点(単位:点)
H19年度
(2007)
H20年度
(2008)
H21年度
(2009)
H22年度
(2010)
H23年度
(2011)
H24年度
(2012)
H25年度
(2013)
数学Ⅱ 30.73 30.25 28.39 35.94 31.73 26.03 26.19
数学Ⅱ・B 48.94 51.01 50.86 57.12 52.46 51.16 55.64
工業数理基礎 67.00 43.27 33.51 48.49 42.87 35.64 33.40
簿記・会計 53.38 50.11 50.07 40.77 50.94 45.64 38.39
情報関係基礎 62.06 68.28 60.98 59.91 63.46 56.89 57.32

(資料)独立行政法人 大学入試センター HPより

前のページでも書きましたが、私のような商業高校出身の者でも、一般入試で大学に入学することができました。一般的に商業高校や、工業高校などの専門高校の受験生は、AO入試や推薦入試などを用いて進学することが多いとは思います。しかし、センター試験は「情報関係基礎」や「簿記・会計」など専門高校の受験生にとって有利な科目も用意されております。 これらを用いて一般入試で進学するという選択肢も増やすことができます。このような科目を利用できる国立大学もありますし、私立大学のセンター入試でも利用できる大学もあります。高校3年間で身に付けた専門的な知識を発揮できるチャンスでもあるのです。